ようこそ gamiさんのノーテンキdeテキトぉ~な日記へ

2018春 裏磐梯-1





桜も紅葉もいいけど、新緑が好き!
 
2018年5月24日(木)晴れ。
新緑の裏磐梯・平日ソロキャンプツーリングに
行って来ました。
 
朝5時に東京を出発。
東北道・白河で高速を下りて、
いよいよツーリングっぽくなります。
 
初めて磐梯山とセットの猪苗代湖を見た時の
感動が忘れられず、羽鳥湖あたりの道が忘れられず、
ナビルートに登録しました。
 



う~ん!いいね。
新緑がきれいだ。
 
猪苗代湖あたりから風が強まり、
ついつい、ここか?まだ先にもいいトコあるかな?と、、、
磐梯山と湖の写真のポイントを探しながら走っていたら
良さげなポイントは過ぎてしまった!
 


街で買い出して、キャンプ場に向かいます。
お初です。
 


予約不要。バイク乗り入れ可。湖畔。焚き火可。芝。平地。で
探してココにしました。
で、安い!
コミ通り、親切で優しいと評判のオーナーご夫婦。
「今日は予約はgamiさんだけですから、
好きに使ってください」と
「バイクのスタンドの敷板あるよ、これ使って」と。
至れり尽くせりだ。
 


「今日は風が強いから、こっちがいい」と
ご主人に勧められた場所は、コテージで囲まれた一角。
確かにコテージが風避けになって穏やかだ。
う~む、湖畔も捨て難いなぁ~と
正直に言ったけど、
風の日はおすすめしないと、そこまで言うならと
ご主人に従って湖畔から離れてた場所を
「今宵のキャンプ地とす!」。
 
湖畔にこだわるなら、また来ればいい。
リピートしたくなるキャンプ場だ。
近くの「休暇村」で温泉をいただく。
 


さてと、メシだ!
エビがあったので、ミネストローネにぶち込み
「エビストローネとす!」
イイ出汁がでて、うまかった。



酒はちょっと足りないかな?位にしておいた。
 
と!
あの音は、セローさん登場。
と、その後も、、、セローさん登場。
皆、お初です。
 


はじめまして、
「セロー乗りに悪いヤツはいない!」
ふたりとも穏やかな方だ。
シンプルな装備が好感もてる。。。
に、比べて自分のモノモノしさ!ちょっと恥ずかしくなる。
道具があれば快適でラクチンだが
その分、道具の管理に追われる。
はたして、どっちが幸せなんだろうか?
 
オレンジセローさんは、写真撮影が趣味で、
食事は店ですませて来て、テントは寝るためだけ。
はっきりしていて気持ちいい。
夜明け間に狙いたいポイントがあるそうで
朝起きたら、確かにバイクは無かった。
モンベルだけが張ってあった。
 


グリーンセローさんも、至ってシンプル。
朝、湖畔でコーヒーを美味そうに飲んでいた。
「トコトコ行きたい所に行けるから
セローがいい」と。
に、比べて自分のモノモノしさ!再び恥ずかしくなる。
行きたいトコ、二の足をふむGSのデカさ。
 




てなコトを考えなら
呑んで、音楽聴いて、ウトウト気持ちよくなってきたので
コットにダウン。
うぅうわラクチン。
もう、コット無しのキャンプには戻れない自分。
で、Zzzzz。